ブログ(朗読不可)

大好きなメイクを仕事に持ち込むことにした

ずっと気になっていた化粧品を購入した。

化粧の仕上げに顔に吹き付けて、肌の保湿をしたり、顔全体にツヤを出すスプレーだ。

「セッティングスプレー」と呼ばれるものだが、

はっきり言って、メイクに必需品ではない。

保湿は、基礎化粧品ですればいいし、

顔にツヤがあったところで、何の役に立つのか?

見る人が見たら「顔がてかっている」と指摘されそうだ。

 

なのに、私はセッティングスプレーを購入した。

 

ー販売員は清潔感が命。

長年、そう信じて清潔感のある身だしなみを徹底してきた。

髪はひとつにまとめ、ヘアスプレーでかっちりと固める。

化粧は、ナチュラルメイク。

爪は白い部分が見えてくる前に、カット。

徹底して清潔感のあるお手本のような販売員像を演じてきた。

 

ーなのに、いまひとつ、突き抜けられない。

仕事に対して、大きくて分厚くて、透明な壁に阻まれている気がしている、ずっと。

今、この見えない壁を登るのか、壊すのか、回避するのか、模索している。

壁の先にある、景色を見たい。

 

そのために、今まで当たり前だと思ってきたことを

ひとつひとつ、疑問を持ってみることにした。

今回、顔に出すセッティングスプレーを購入したのも

わたし自身の見た目を、自分の好きなテイストに変えてみようと思ったから。

 

清潔感を保ちつつ、無難なイメージを変えたい。

見た目はそう変わらないけど、顔にツヤがあって

輝いている、自信がある、余裕がある、そんなイメージ。

 

お客様のいうことだけを聞く「御用伺い」ではなく

「この人から買いたい」という憧れに似た感情を

持っていただけるような販売員になりたい。

 

メイクにツヤがある。

これは、私の好きなメイクテイストで、

でも、販売員は黒子と呼ばれた時代からの名残で

目立っちゃいけないと思っていたこれまでの当たり前を壊す

ファーストステップ。

 

ずっと気になっていた化粧品が3日後に届く。

ささやかなバージョンアップは

お客様に気づかれないかもしれない。

だけど、私にとっては大好きなメイクのテイストを仕事に導入する

新しい挑戦。

販売の仕事に就いて15年以上になるのに

より良い販売員になるために試行錯誤したり、

新しい挑戦をし続けていることが、とても楽しい。

楽しい先にある私の未来に

とても期待している。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ここいま
ご訪問頂きありがとうございます。音声配信stand.fmの配信者です。モットーは「いま、ここを心地よくいきる」です。