stand.fm(スタエフ)

stand.fm(スタエフ)収益化の道~振り返りで配信上手になろう!その2

スタエフ収益化

こんにちは、ここいまです。

スタエフ

前回にひきつづき、

スタエフ配信後の振り返りをして配信上手になろう!というお話です。

スタエフ収益化
stand.fm(スタエフ)収益化への道~配信後の振り返りだけで配信上手になろう!その1こんにちは、ここいまです。 今日は配信上手になるための近道である「振り返り」についてまとめます。 こんな方に読んで欲しい ...

 今回は、振り返りを具体的に掘り下げていきますね。

スタエフ配信後の、振り返りとは?

スタエフ収益化

スタエフの配信を、自分で評価する作業

 スタエフの配信(アウトプット)に対して、振り返り(フィードバック)とは、

アウトプットによって得られた結果を評価し、その結果を考慮して、次のインプットに修正を加えるという作業。

樺沢紫苑「学びを結果に変える アウトプット大全」(2018 サンクチュアリ出版)

つまり、

スタエフの配信を後日自分自身で聞いてみて、そこで感じたことを次の配信内容で修正したり、改善することを振り返り、と呼びます。

 また、

スタエフの配信を聞くことと、アナリティクスで再生数とハート数をチェックするのも客観的な評価基準になるので、ぜひチェックするといいでしょう。

ただ、再生数とハート数を評価することは、配信本数がある程度溜まってからの方が、評価しやすいです。個人的な体感としては100本を超えたあたりから評価しやすくなったように感じます。

スタエフので配信数が50本くらいだと、比較対象が少ないので、

再生数やハート数、というよりは配信そのものをしっかりと聞き直して改善点を見つけるのがいいかな、と思います。

振り返りの具体的なやり方

 では実際に、振り返りをどうやってやるのかみていきましょう!

振り返りの6点

 見直し、反省、改善、方向修正、微調整、原因究明。すべてフィードバックです。

樺沢紫苑「学びを結果に変える アウトプット大全」(2018 サンクチュアリ出版)

 樺沢紫苑先生の著書には、このように書かれています。

話し方に問題はなかったか?

内容は期待を超えるものだったか?

サムネイルやタイトルは興味を引くものだったか?

そして、次の配信はこうしよう、というプランを挙げます。

 また、

なぜ再生数が伸びなかったのか?

“♡いいね”が少ないのはどうして?

コメントが一つもないのは、どこに問題があるのか?

ということを配信を聞きながら考えます。

配信数によってはアナリティクスも活用しましょう

 スタエフの配信数が50本未満の場合は、話し方や配信内容を振り返ることをメインにするのがおススメです。

100本以上、配信をしていればアナリティクスで再生数とハート数が比較できるので、方向修正もしやすいと思います。

またコメントの有無も、振り返りの大きな要素だと思います。

コメントを入れられるくらい内容が伝わっているということ。

コメントを入れたくなるくらい面白かったこと、気持ちが伝わっているからです。

振り返りのタイミング

 スタエフ配信をしてから、どのタイミングで振り返りをしたらいいのでしょうか?

わたしは①その日②翌日③1週間後 で振り返りをしています。

振り返りのタイミング①スタエフ配信後すぐ

 わたしはスタエフとTwitterを連動させているので、Twitterに投稿した後、URLをタップして、きちんと再生されるかを確認するために、一度配信を聞きます。

この時は、冷静に振り返りはできないことが多いので、忙しい方はしなくてもいいと思います。スタエフ配信後すぐに振り返りをする時に、よく見ている点は

・タイトルやサムネイルが興味をひくかどうか?タイトルやサムネイルの修正、微調整

・概要欄に読みたくなる情報やコメントが入っているか?概要欄の修正

 この2点をおこなっています。

振り返りのタイミング②スタエフ配信の翌日

 スタエフ配信の翌日に振り返る。これは、わたしが毎日スタエフ配信をしていることによります。アプリを開けて、新しい収録やライブ配信をする前に、最新の配信を聞き直すようにしています。

それは、リスナーさんと同じ目線に立ってすっと入りやすい配信をするため、ですね。

昨日の配信と、今日の配信につながりを感じるかどうか?今日の収録に昨日の配信内容を一言付け加える。

・配信した内容が、伝わりやすいものになっているかどうか?分かりにくい部分は、概要欄にて説明追加。

 スタエフの配信は、修正したり削ったりするのが難しいので(修正はできますが、修正したい部分の前後を調整することがめんどくさい)わたしは音声をいじったことはありません。

 概要欄で補足をしたり次回の配信でそのことについて話すようにしています。

振り返りのタイミング③スタエフ配信の1週間後

 スタエフ配信の1週間後に振り返りをすると、番組全体の統一感を俯瞰でみることができます。この時は前後の配信も併せて聞き流してみて、言っていることに矛盾がないか、とか、お話するトーンが均一かをチェックします。

話し方がその日の気分によってムラがないかどうか?気持ちのコントロールができてから配信するように心がける。

・お伝えする内容に矛盾がないかどうか?ビジョン、目的を再確認して必要であれば方向修正をおこなう。

 『いまここを心地よく生きるラジオ』は

わたしとあなたで心地よい時間を共有する。

ことが目的なので、そういった内容になっているか、なっていなかったら方向修正をしたりしています。

わたしが振り返りで気を付けている項目

スタエフ収益化

 ここでは、もっと具体的にお話します。実際にわたしが振り返りの際にチェックすることを以下にまとめました。

話し方

・ゆっくりしすぎていないか?

・気分に左右されずに落ち着いたトーンで話せているか?

・一文が短く、内容が聞き取りやすく話しているか?

内容

・起承転結になっているか?

・伝えたいことがある場合は、結論から話せているか?

・事実と意見、感想のバランスは良いか?

・詩の雰囲気に合った朗読ができているか?(詩の朗読の場合)

・ビジョンに沿っているか?

今後取り組んでみたい振り返り方法

 今はしていないのですが、

・1冊のノートに残す

ことをやりたいです。現在は振り返りをして、頭で考えているだけなので、忘れていることも多いと思います。少し面倒ですが。

できれば配信ごとに、ノートにまとめると、後で番組全体の振り返りがしやすそうです。

まとめ

スタエフ収益化

より良い配信をするために振り返りは不可欠

 2回にわたってスタエフ配信後にする振り返りの重要性とメリット、具体的な方法についてお話しました。

 まだスタエフ含め、音声配信は歴史が浅い黎明期なので、配信したことが尊いと思います。

いまでこそ、知る人ぞ知る動画配信サービスYouTube。

2005年にYouTubeで初めての動画が、創設者ジョード・カリム氏によって投稿されました。動物園で象をバックにコメントをする18秒の動画ですが、動画投稿も最初は18秒の象の動画だったんです。

音声配信も、何が良くて何がバズって、何が評価されるか、分かりません。

だからとりあえずやってみたいと思うことを配信してみる。これが一番重要です。

積み上げたら次のアクションとして、

今日お話した振り返りを取り入れていただけたらと思います。

 

一緒に音声配信stand.fm(スタエフ)を盛り上げていきましょう!!

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事をまとめるのに使用した書籍

樺沢紫苑著「学びを結果に変える アウトプット大全」(2018 サンクチュアリ出版)

スタエフ配信に役立つだけでなく、資格試験、社内試験の勉強や学生さんの受験勉強、テスト勉強にも役立つ情報満載です。

精神論ではなく、最新の精神医学や心理学、脳科学のデータを用いたアプローチは分かりやすく、実践しやすい内容となっています。

スタエフ収益化
音声配信 おすすめはズバリ「スタエフ」今日は、私が今ハマッている音声配信stand.fmについてご紹介します。 1人の時間が多い方にはおすすめです。 1人の時間におす...
ABOUT ME
ここいま
ご訪問頂きありがとうございます。音声配信stand.fmの配信者/詩人/ブロガーです。モットーは「いま、ここを心地よくいきる」です。