stand.fm(スタエフ)

【フォロワー0→100人向け】stand.fm(スタエフ)ライブで気の利いたことが言えない時の対処法

スタエフ収益化

こんにちは、ここいまです。

 

スタエフ

 今回から、フォロワー数別に、スタエフ配信のコツをおはなししますね。

わたしは

・週6日のライブ配信(雑談)

・音声ブログ(スタエフ配信のコツ)

・詩の朗読

の3つでスタエフを運営しています。

 

今日は0→100人の方が、フォロワーさんとのご縁をいただく方法

ライブ配信で気の利いたことが言えない時の対処法について、お話しします。

あなたにおすすめ

 😳 スタエフを始めてフォロワー数が0~100人だ。

 😳 ライブ配信でうまく話せない時がある

この記事を読んで得られること

 😀 スタエフのライブ配信で、100人までフォロワー数を簡単に増やすことができる。

 😀 話すことに困らずに、楽しくライブ配信ができる。

 😀 スタエフで、自分が納得する配信をつみあげていける。

わたしは、1か月でSPPになれた!という

華々しい経歴を持っておりません。なので、

すぐになにがなんでも、SPPになりたい!という方にはこの記事は、向いていません。

 わたしも現在SPPを目指して、また、自分のビジョンにもとづいて

配信をしているので、同じ気持ちを持っていらっしゃる方と

つながり、一緒に頑張ってつみあげていけたら幸いです。

 

 スタエフの配信履歴は、わたしは「資産」だと考えています。

いつかSPPになったときに、収益をもたらすものですし、

いま現在でも、聞き返して元気をもらえたり、

ハッと気づかされる、ご自身の過去の配信がありませんか?

そういった資産をコツコツつみあげていける。

スタエフの過去配信はそんな力があると思います。

 

 あなたの資産をコツコツ、楽しみながらつみあげていくために

この記事が参考になれば幸いです。

 

ではいきましょう!

スタエフライブ配信でうまく話せない

スタエフ

 スタエフでライブ配信を1度でもされた経験のある方なら

・気の利いたコメントが浮かんでこない…

・何もしゃべらない瞬間が怖い…

そういったドキドキが、1回はあることでしょう。

そのせいで、

ライブ配信へのハードルが高くなってしまったり、

ライブ配信が苦痛で楽しくないから、やめてしまう。

 

せっかくスタエフで配信をしよう、と一度は思われたのに

やめてしまうのは、とてももったいない!とわたしは思います。

 

かといって、台本をつくってライブ配信しても

100%台本どおりにいくことはないですし、

そもそも、ライブ配信用の台本をつくることが

めんどくさいと思う方も少なくないでしょう。

 

わたしは、めんどくさいです…。

 

そんな、めんどくさがりのわたしでも、また、

どちらかというと話を聞くことが得意で、

話をするのは得意ではない(と思っていた)わたしでも

週6日、6か月もスタエフのライブ配信を続けてこられたのは

「雑談力」があったからです。

 

次の章で、くわしくお話ししますね。

スタエフライブ配信で気の利いたことを言わなくてもいい理由

スタエフ

 上で

「気の利いたコメントが浮かんでこない」という悩みを書きました。

 

その悩みをあなたも持っていたら、まず手放しましょう!

 

 わたしたちは、TVに出る芸能人ではありません。

気の利いたコメントや、笑える話がすぐにできるのであれば

スタエフでなくて、もっと別の媒体で活躍できるはずです。

 

そこまでプレッシャーを感じなくて大丈夫です。

 

 毎日決まった時間に、ライブ配信があって

あなたの配信が、リスナーさんの生活の一部になっている。

そういう配信こそ、再生数が伸びるチャンネルです。

配信中に、無理に気の利いたことを言おうと意気込まなくても

大丈夫です!

 

以前あるテレビ局の方とお話をしたときに

そのテレビ局で、もっとも視聴率が高いのは

おもしろいお笑い番組でも、ためになる教養番組でもありませんでした。

もっとも視聴率が高かったのは、一般人の、生活を切り取ったシンプルな番組でした。

 

その番組は、わたしも時々見ますが

地方に住むご夫婦の毎日が紹介されていて

時間帯ともあいまって

「集中しなくてもいい、のんびり見ていられるな」

という感情を持っていました。

 

家事をしながら

食事をしながら

リラックスしながら、聞ける。

 

話している内容よりも、

話している雰囲気が、よい。

そういう配信をするためには

あなた自身が楽しんでいること

リラックスしていることが大事です。

 

気の利いたコメントを言わなきゃ、とか

おもしろい配信をしなきゃ、とプレッシャーを感じなくていい。

あなた自身も楽しい時間を過ごすんだという感覚で

ライブ開始のボタンを押すことです。そうすれば、

リスナーさんに

「あ、なんだかこのライブいいな」と感じてもらえて

フォロワーさんになってもらえます。

ザイオンス効果

スタエフ

 ザイオンス効果、という言葉を聞いたことがありますか?

アメリカの心理学者ザイオンスがおこなった実験のことです。

10人の人物の写真を、被験者に見せます。その際、

写真ごとに、見せる回数を1回、2回、5回、10回、25回と変えて見せました。

写真を見せた後に、写真ごとの好感度を評価してもらったところ、

多く見せた写真の人物ほど被験者の好感度が高くなったそうです。

 

 この実験から言えることは

接触回数が増えるほど、人の好感度は高くなる、ということです。

 

 コロナ禍で会えない家族や友人がいて

電話でコミュニケーションをとることを、

イメージしていただくと分かりやすいと思います。

 2時間の電話を月に1回かけるよりも

5分の電話を毎日かけた方が、より深いコミュニケーションをとることができます。

なんてことのない会話でも話したり、聞いたりすることができて

まるでそばにいるような感覚になるのではないでしょうか?

 

 スタエフのライブ配信も同じことが言えます。

内容を練りに練って、月に1回ライブをするよりも

何気ない話でいいので、毎日ミニライブを開催した方が

聞いてもらえる回数は増えますし、

リスナーさんとの交流も深まると思いますよ!

スタエフのライブ配信中に困ったら取り入れて欲しい2つのこと

スタエフ

 ここまでで、スタエフのライブ配信において

ライブ配信を楽しく続けるために、リスナーさんがリラックスして聞ける

「雑談」がとても重要であること、

雑談は「質」よりも「量」を求めることが重要であることは、

なんとな~くイメージが深まったことでしょう。

 

 しかし、いざ「雑談しよう」と思っても

ライブ配信で雑談をすることって、難しいですよね。

・何を話したらいいのか分からない。

・リスナーさんとの共通項がない。

こういったお悩みが出てきます。

そこで、2つの提案をしますね。

参考にしていただければ、

ライブ配信のときに、悩みすぎずに話すことができますし

あなたの素敵な個性が、リスナーさんに伝わると思います。

話題作りのキーワード「キドニタチカケシ衣食住」

スタエフ

 聞いたことがあるかもしれませんが、

「キドニタチカケシ衣食住」をご紹介します。

 これは、わたしが22歳の頃、販売職としてメガネチェーン店に入社した時に

先輩から教わった雑談の作り方です。

 

 大学を卒業したてのわたしたちは、下は言葉を知らない0歳児から

上は人生の何もかもを経験されたと思われる100歳越えの方まで

はじめの御用伺いとして対応させていただくこととなりました。

そこで、先輩から、お話を引き出すテクニックとして

「キドニタチカケシ衣食住」から会話をはじめるように教わったのです。

 

生きた年数もちがう、育った環境もちがう、価値観も趣味もちがう。

そんな間柄でも、初対面から5分で打ち解けていただくことは

とても難しいのですが、

雑談をすることで、お客様の趣味嗜好が分かったり

「わたしたちは、あなたのご来店を歓迎しています」という

気持ちをお伝えする時間が作れていました。

 

 スタエフでも同じことが言えます。

リスナーとして遊びに来てくださった方へ、歓迎の気持ちを伝える。

顔も本名も性別も知らないけれど、好きなモノや興味があるモノの共通項を見つける。

「雑談」をすることで、コミュニケーションをふかめることができます。

 

 最初から完璧にはできませんが、

知っておくだけ、意識するだけでも雑談力が上がります。

とくに、ライブ配信の開始時の、リスナーさんが誰もいない時や

読むコメントがなくなって、話題が尽きた時に使えます。

ぜひ試してみてくださいね。

あなたの1日を話す

スタエフ

 あなたの1日のことを話す。

これはあなたのキャラクターをリスナーさんに認知してもらうのに、

効果的な話題です。

 

 何時に起きて、どんな食事をとったか?という

なにげない行動も、誰一人として同じことはないものです。

 

だからこそ、「わたしも同じ時間に起きた」とか「同じモノ食べた」という

共通項が見つかった時に、リスナーさんは反応してコメントをくださいます。

 

 トップの紹介文だけでは伝わらない、あなたの個性を

ライブ配信のスキマ時間に織り込むと、あなたのファンが現れる可能性が

高まりますよ!

参考書籍

 この記事は

樺沢紫苑著『学びを結果に変える アウトプット大全』(2018サンクチュアリ出版)

を参考・引用しています。

 

スタエフの配信に関しても、おおきな学びを得られますが、

学生さんの勉強法、社会人の資格試験、TOEICなどにも

役立つ情報が満載です。

 

 根性論、精神論ではなく

精神医学や心理学、脳科学の研究にもとづいた知識は

新しいことに挑戦するわたしたちの背中を後押ししてくれる

内容です。

 

まとめ

 今日は、スタエフのフォロワーさんが0~100人の方に向けて

ライブ配信で気の利いたことが言えない時の対処法をお話しました。

結論は、

・気の利いたことは言わなくても大丈夫!

・がちがちに固めた台本を用意するよりも、雑談を楽しもう!

・ご自身のことも話すことで、プロフィール文では伝わらないあなたの個性をアピールしよう

ということです。

 フォロワーさんが0~100人ということは、

スタエフをインストールして間もないころか、

これまでは聞き専だったけど、一念発起して配信をはじめられた方が多いと思います。

 

 ライブ配信をしても、誰も来てくれない時が多いかもしれません。

そういう今だからこそ、

来てくださったリスナーさんとじっくりコミュニケーションがとれますね。

そして、実験的な内容でも、大失敗して炎上したりすることはありません。

今しかできないこともあるので、

決して焦らずに、

コツコツとあなたの資産(=配信)をつみあげていきましょう!

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

ABOUT ME
ここいま
ご訪問頂きありがとうございます。音声配信stand.fmの配信者/詩人/ブロガーです。モットーは「いま、ここを心地よくいきる」です。