スポンサーリンク

【うつ病とお金】お金に働いてもらう【よーく考えて】

うつ病体験

ちえです 🙂 

病気になった時に、一番に考えるのが

「いつ治るんだろう」

そして、それと同じくらい考えるのが

「お金の心配」

ではないでしょうか?

今回は、休職中のわたしの、お金の使い道についてまとめてみます。

 

※ここからの記事はあくまで個人の私見なので、運用は自己責任でお願いいたします。

こんな人に読んでほしい

🙁傷病手当金はもらってるけど、とりあえず、心配だから貯金してある

こんな人はそっとページを閉じてください

😐生活がカツカツだ。

😉せっかくのお金だから、思いっきり使っちゃおう!

 

 

「お金に働いてもらう」という考え方

休職中は、傷病手当金が支給されます。

傷病手当金の支給金額は、就労できない日1日あたりの標準報酬日額の3分の2です。

そこから保険料を差し引かれ、手元に残る金額は、当然のことですが

勤めていた時よりも、少ないです。

いっぽうで、勤めていた時に比べ、使わない経費も出てきます。

・同僚との飲み会代、お茶代、ランチ代

・お化粧しないので、コスメ、基礎化粧品代

・外出が減るので、衣服代

・旅行に行っていないので、旅行代

・お弁当派じゃなかったので、昼食代

 

そこで、わたしは考えました。

自分が働いていないのに、お金が入ってくる。なんだかもったいない。

…そうだ!お金に働いてもらおう!

ということで、色々と調べてみました。

わたしは、金融のプロではありません。

なので、「この金融商品がいい」とか「このやり方がいい」とか言えないので

わたしが取った行動をお伝えします。

 

わたしは、在職中からこの方法を実践していました。

休職して、手元にはいるお金が減った時に、やめてしまおうかと思いましたが

今も続けているので、その点を踏まえて読んでください。

 

 

まずはネットで調べる

わたしが知っているお金の運用方法は

・貯金

・定期預金

・株式投資

・FX

・不動産投資

・金を買う

でした。その言葉をググりまくり、他にもさまざまな運用方法があることを知りました。

とはいえ、専門用語がたくさん出てきて、よく分かりません。めんどくさい…

その専門用語をまたググります。すこしずつ分かってきました。

 

その上で、自分のお金の運用方法について、どうしたいのか考えてみました。

・自分が分からないやり方で運用はしたくない。

・ハイリスク、ハイリターンではなく、ローリスク、ローリターンでいい。

・投資をするなら、自分が応援したい分野、企業がいい。

自分のお金ですからね、どういうところに行って、どういう風に働いてもらいたいか、

お金たちの行く末を、擬人化して考えてみました。

ここをクリアにしたところで、投資をすることを決めました。

自分で調べても時間がかかるばかりなので、

実際にプロに相談することにしました。

 

プロに相談

まずは、いきつけの銀行に足を運びました。

そして、自分の希望を伝えたうえで、投資方法や銘柄を選んでいきました。

分からないことは、自分が納得するまでとことん聞きました。

結果、

・4つの銘柄に少しずつ投資することにしました。

元本割れの可能性もありますが、そこは自己責任。

投資した分野、企業が活躍して、世界に貢献してくれれば

わたしにもリターンが出るので、頑張ってもらうしかありません。

頑張れ、わたしのお金たち。

頑張れ、わたしが投資した企業!

 

わたしが主に注目した分野は

・健康、医療の分野

・ロボット企業

・女性が活躍する企業

・AI(これは興味本位で)

 

わたしは見えないものが怖いです。(霊的なものではなく)

本当なら実際に、投資する企業に足を運んで、どんな場所にあって

どんな人たちが働いているのか、どんな商品ができているのか、目にしたいのです。

ググってもHPのなかでしか風景は見ることができません。

 

だから、正直、投資に関しては向いてない性格だと思います。

それでも、続いているのは、

自分がこの分野を応援したい、という明確なビジョンがあったからだと思います。

やって良かったこと、良くなかったこと

という経緯で、わたしは現在も、お金に働いてもらっています。

ここでやって良かったこと、良くなかったことをまとめます。

 

良くなかったこと

・単純に、引き出せるお金が減ったので、本当に生活はカツカツ。

休職した当時は不安が大きくなって、取引をやめようかと何度も思った。

・急な大出費に対応できない(今のところありません)

・契約したのが地方銀行のため、支店が今住んでいるところの近所にない(何となく不安)

 

良かったこと

・自分が投資した分野や企業のことをよく調べるようになり、知識がついた。

・簡単に引き出せるお金が少ないので、無駄遣いをしなくなった。

休職中だが、世の中に参加している感が少し味わえる。

・一度契約したら、簡単に自分で操作できないので、ある意味ほったらかしで資産形成ができる。

(元本割れの場合は資産が減るが、ローリスクを選択したため、大きな痛手にはならない)

まとめ

将来のことはどうなるか分かりません。

 

自分が将来定年になるまで、健康体で働ける保証もありません。

また、今の日本円の価値が大きく変わる可能性もあります。

「お金に働いてもらう」考え方も、大切かな?と思います。

とはいえ、うつや躁状態のときに、お金の大きな決断をすると、失敗することがあるので

家族に相談しつつ、色んなお金の働き方について、じっくり考えてみてもいいかもしれませんね。

働けるようになれば、またより多くのお金たちにも働いてもらおうと思います。

 

ここまでよんでくださってありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました