スポンサーリンク

【うつ】うつになっているときの食事

うつ病体験

こんにちは、ちえです。

うつ状態になって、その症状のひとつに

「段取りが組めない」があります。

わたしの場合、仕事だけでなく

日常生活にも大きな影響を及ぼしました。

料理ができなくなった

買うものリストが作れない。

リストが作れるようになってスーパーに行っても、

例えば、ヨーグルトを買うのに種類がありすぎて

選べずに、買わない。という選択をとる…

本当に困りました。

 

今はその状態から抜け出ております。

ただ、料理はあまりしてません。

決まったものを食べてる感じです。

 

・朝

ヨーグルト&バナナ

・お昼

メイバランス&菓子パンなど

 ・夜

うどんか、冷凍ご飯にレトルトカレー

食欲のない日は、グラノーラ&豆乳です。

グラノーラは、毎日食べるとなると、お菓子っぽいのではなく

栄養があって、あまり甘くないものがいいなぁとamazonで探していて、

クエーカーを愛用しています。

 

日本のいわゆるグラノーラよりも、噛み応えがあります。

わたしは豆乳ですこしふやかしてから、食べるのが好きです。

飲み物

飲み物は、一時白湯にはまりました。

今は麦茶や、ハーブティーを飲みます。

 

以前はコーヒーやカフェオレを1日に4杯飲んでいましたが、豆乳のコーヒー味に変えました。

夜の眠気を誘うために、カフェインレスを選んでいます。

ジャンクフード

周りのうつの方にお話を聞くと、

うつが酷くなると、ジャンクフードを食べたくなるという人がいます。

わたしもそうです。

ハンバーガーやポテト、ポテトチップスなど。

塩気の多いものが食べたくなります。

もっと、うつ状態が酷くなると、食欲がわきません。

なので、ジャンクフードも食べたいと思うだけまし、と思って欲に忠実になります 笑

 

かと思えば、仕事のストレスから解放されて、料理にはまった人もいます。

男性に多いです。

どんな料理を作るのかというと、たいてい凝った料理を作っています。

豚の角煮とか…スパイスを自ら配合して作るカレーとか…

仕事の時間にすることがなくなって、お金をかけずにできる楽しみが料理になったということです。

あくまでうつの急性期を過ぎた人の話ですよ。

急性期には料理は誰もしてないと思います。

まとめ

・うつの急性期は食べ物さえ、食べる気がなくなる
・急性期を過ぎるとジャンクフードが食べたくなるは、あるあるらしい
・料理が作れなくなる人もいれば、料理に目覚める人もいる
・飲み物の好みが変わる

 

以上です。うつも人それぞれですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
参加しています。ぽちっと押してくださると嬉しいです。
ここまでよんでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました