資格勉強、転職、価値観を考える

正社員→フリーランス→アルバイト、どう思う?わたしの夢とは

こんにちは、ここいまです。

季節の変わり目は、小売業にとっては忙しい時期。

お店のレイアウト、おすすめの商品、ガラッと変わるので

季節商品を発注したり、その陳列を変えたり、やることが多いです。

 

わたしの勤務する店舗も例外ではなく

お盆を過ぎてからバタバタとしています。

今日も、少し残業しました。

 

それはわたしにとって、とても大きな意味のある出来事でした。

わたしの勤務遍歴

わたしは大学を卒業してから15年、同じ会社で働いていました。

そして、体調不良で退職しました。

すぐに、別の会社に入社しましたが、これまた退職。

ここで自信をなくしてしまいました。

わたしは、もう、フルタイムで仕事をできないんじゃないのかな?

 

フルタイムで働く、ということは、わたしにとって大きな意味を持っていました。

わたしには子どもがいません。

守り、育てるもののいないわたしにとって、

仕事をして社会貢献をすることが、私の存在意義でした。

 

マジメですよね?笑

 

でも、本気で思っていました。

フリーランスとして活動した半年間の感想

一度はフリーランスとして、自宅で仕事(webライターやココナラでの電話相談)をしようとしましたが、半年やってみて、今の自分には向いていないかも、と思うようになりました。

人と、接することが自分は好きだと、気づいたんですね。

それと、以前に関わっていたマーケティングや、業務改善の仕事に戻りたいという思いもありました。

とても、好きでしたからね。

と、同時に好きだけど知識やスキルがないことも認識しました。

 

だから、勉強をしなくちゃと思いました。

そこで、短時間の仕事で、かつ自分が今のスキルでできることを始めました。

短時間のアルバイトで働く感覚を掴みなおす

そしてわたしは、近所の店舗でアルバイトを始めました。

最初は3時間とか、勤務形態の中でも一番短い選択をしました。

リハビリ的な感じで始めました。

働き始めは、3時間働いて帰宅して3時間昼寝するくらい、疲労が強かったです。

 

でも、徐々に慣れてきて、次年度の契約更新で少し長めの勤務時間にしました。

はじめは、勤務後にぐったりして晩ご飯を作れなかったり、

昼寝して気が付いたら夕方になっていたりました。

 

それでも、同じように慣れてきて、

気が付いたら、業務の一部を任されたり

販売目標を達成して目録をいただいたりしました。

 

これらはわたしにとって、とても大きな自信になりましたが、一番の自信につながったのは

「フルタイムに近い時間、集中してはたらくことができる」

ということでした。

 

すこし、物足りない感じでも短時間で、かつプレッシャーの少ない業務を選び、

じょじょに負荷をかけていく。

これがわたしには合っていました。

憧れの仕事に戻るために、今の仕事を大切にする

今の仕事は、決して、夢の踏み台ではなく

夢の第一歩だと思っています。

マーケティングや業務改善、オペレーションマニュアルの作成って

現場(店舗)で感じたこと、経験したことが本当に大切だからです。

 

知識があるだけでは、良い施策ができないと思います。

だから、今は、この店舗の業務にどっぷり浸かって

良いところも改善点も、自分ならどう改善するかも考えています。

 

今の会社で引き続き仕事ができるかもしれないし、

要らないといわれたら、また転職活動しなくてはいけませんが。

できれば、今の仕事を丁寧に、大切に遂行して

「現場のことを知っているから」と部署異動ができたらいいけれど…

 

そこは、その時次第かな…。

わたしは希望をもっています。なぜなら、

わたしは希望を持っています。

なぜなら、体調を崩して3時間も働けなかったのに

1年近くかけて8時間働けるまでに体力、知力が戻ってきたから。

 

ここまで戻せた自分に自信を持って、

これからやりたいと思う仕事に対してもわたしならできる。

 

スタエフで配信されている方の中にも

働くことに関して自信を無くしている人がいるとしたら

わたしと一緒に、目標に向かって歩いていきませんか?

 

誰かに憧れるんじゃなくて

自分のことを一番に考えて、自分がなりたい自分になる。

わたしも夢の途中ですが、

スタエフを通して一緒に顔晴れたらうれしいですね!

 

今日は仕事のことについて、書いてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

またね!

ここいま

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ここいま
ご訪問頂きありがとうございます。音声配信stand.fmの配信者です。モットーは「いま、ここを心地よくいきる」です。