【酔わなくなった】うつとアルコール

うつ状態の前は、アルコール量が増える?

ちえです(^^)/

うつ病になる前の症状@わたしの場合 4回目です。

アルコール。あなたはお酒を飲むこと、お酒の席が好きですか?

わたしは好きです。好きでした。

会社帰りに「1杯やってく?」が大好きで、

会社の同僚と、仕事の話や

たわいのない話をすることが好きでした。

わたしが大阪に赴任したのが2018年4月。

それまでは西日本の地方都市に住んでいたので、

車通勤で酒席でもアルコールを飲めなかったんですね。

ところが大阪に来てからは電車通勤になったので、お酒が飲める!

多い時は週に3回は飲み会に参加していました。

前置きが長くなりました。

2018年8月頃、

いくらアルコールを摂取しても酔えない。

お酒が強くなったのかな~と思いましたが、

酔わないだけで、気分は悪くなります。

それでも、私のアルコール量はどんどん増えていきました。

おかしいな、と自分でも思いましたが、調べてもわたしの検索の仕方ではヒットしませんでした。

アルコール摂取によって高揚感が増し、不安や心配から一時的に逃げられますが、

不眠といったうつを加速させる症状を引き起こします。

お酒は眠気を誘いますが、度を過ぎると、逆効果です。

心身の健康に睡眠は欠かせません。

もし、あなたやあなたの大切な人の、お酒の飲み方や酔い方が変わってきたな~と感じたら

そして、それがお酒を飲む楽しさが目的ではなく、

なにかから逃れよう、忘れようとしている目的が強いなら

少し、立ち止まって考えてみませんか?

うつ病ネット | セルフチェック
うつ病かもしれないと感じたら簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)でうつ症状をチェックしてみましょう。

うつ病のセルフチェックリスト(アルフレッサファーマ株式会社より)

わたしは、心療内科にかかり、服薬治療をしています。

お酒は、一切飲んでいません。

なぜなら、薬の処方箋の説明欄に 「アルコールにより、薬の作用が増強する」 と書いてあり、恐怖を感じました。

酒は百薬の長、と言われますが、
今回の病気では、アルコールは不要だな、と即座に思いました。

飲まなくなったことで、二日酔いの辛さからの解放、

睡眠時間の確保といった、健康的な生活を送ることができています。

アルコールが大好きだからこそ、絶つことは難しいかたも多いと思いますが

一生飲めなくなるわけではなく、少しお休みするだけのことだと思って

向き合っていただけたら、なにかヒントが見えてくるかもしれません。

睡眠医療プラットフォーム
(睡眠医療プラットホームHP)
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ここまでよんでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました